LOG IN

優勝

by くりす

昨夜、とうとう25年ぶり7度目の優勝が決まった。
胴上げのシーンを見てても、何か少し現実感がない気がする。
胴上げしてる選手達も、
どこかぎこちなく見えたのは気のせいだろうか?

夜中の優勝特番を、意識のある限り見て。
今日は近場の優勝セールを見て回り。
よーやく、優勝したんだなーと
実感でき始めたところです。。。

(尾道駅前の福屋でゲット。Tシャツは品切れ寸前でしたw)

それにしても、ホントに優勝したんですねー
開幕前、前評判の悪さほどには
今年のチームが弱いとは思ってませんでしたが。
それにしたって

「3位には入れるよ」

ってくらいの思いでしたからね。

今年の独走を見てると、3年前に読んだ小説の事が
時々思い出されました。

「天国から来たストッパー」

(当時のブログ)
http://kurisu7.at.webry.info/201309/article_1.html

低迷するカープに衣笠監督、江夏ヘッドが就任。
福井-新井のトレードで
阪神から新井を取り戻し。
無名のルーキーには津田の魂が宿ってる、という。
ざっくり言えば、そんな話。
お話の中では、このメンバーで優勝して
日本シリーズにだけレンタル移籍で
黒田も帰ってきて、見事日本一!
ってストーリーなのですが。
当時の感想としては、

「そんなわけがないだろう」

ってのが、正直なとこで。
話にのめりこめませんでした。
この本が出た当時は、
黒田にしても新井にしても
復帰するなんて誰も思ってなかった頃。
トレードやレンタル移籍であっても
彼らが帰って来るなんて
作り話でも、ありえねーと思ってました。

ところが、現実に彼らは
他球団のオファーを蹴って、
ほぼ無償で復帰するという、
作り話よりも、ありえない形で復帰し。
復帰2年で、チームは見事に優勝。
「事実は小説より奇なり」
って、あれ本当ですね。
今年の優勝への経緯が、
あるがまま3年くらい前に本になってたとしたら。
カープファンでも笑い飛ばすような
ありえないお話だと、思うでしょうからね。

25年も待たされた。
でも、その穴が一気に埋まったような
とてもいいものを見せてもらいました。
V7!!
優勝、ホントにおめでとう。。。。




くりす
OTHER SNAPS